2020/07/15

RHYME SO ニューダブル「Psyche」をリリース

大沢伸一(MONDO GROSSO)が、オーストラリア人の詩人/アーティスト/DJ/モデルのRHYMEをミューズに迎え結成したフューチャーポップデュオ、RHYME SO(ライムソー)が、7/15に「Psyche」を”ニューダブル”として2バージョン同時リリースした。

RHYME SOは、昨年にデュオとして初音源となる「Just Used Music Again」が88risingのJojiが監修するレーベルコンピレーション「Head in the CloudsⅡ」に収録。シングルカットもされた。
2020年3月にシングル「Fashion Blogger」をリリース。架空のフィギュアスケート大会を舞台に、世界的ドラァググイーンのMILKとRHYMEがスケーティング対決をするファッショナブルでユーモラスなミュージックビデオが、アメリカやイギリスはじめ各国のメディアに取り上げられ話題となった。

6月には、アフターコロナの世界に向けた2曲「Getting Better」「FAIRYTAIL-ing」をYouTube限定で発表するなど、今の時代を取り込んだ楽曲を発信している。

今作の「Psyche」は、”大胆なサイコロジー/嘘ばっかりのエコロジー/僕たちが住むコロニー/占星術を君に“ と、冒頭から入ってくる日本語歌詞が印象的。
世界的なコロナ渦によって、生き方や考え方そのものが変化していく現在、心と宇宙をコネクトし、未来の幸運を呼び寄せるような癒しのナンバーで、「Psyche –星-」「Psyche –月-」の同曲2バージョンでのリリースとなる。

ミュージックビデオ「Psyche –星-」には、無人の東京、自然界、デジタル世界等が同列で融合した <現実と非現実>のパラレルワールドが表現されている。